神酒所放浪記


ー 食いしん坊が行く ー

 

 

 

8:00 宮出し

お守りの木札を胸に掛け、宮太皷に送られて、さぁー宮出しだ。
まだ宵宮の酒が残っていて手と足元がフラフラだ。

 

 

長沢御酒所
最初、長沢の神酒所で歓迎される。
夕べ遅くまで飲んだ酒が残るが迎え酒が効き 元気が出た。
温くておいしい豚汁とバナナで朝飯を ご馳走になった。

 

西長沢公園

神輿は西長沢方面に進む。一気に西長沢公園から坂を駆け上がり、横浜も新宿も見渡せる眺めのよい潮見台バーベキューを目指す。

 

潮見台バーベキュー
高台に担いで来たせいか、息が切れるが鳥皮とイカ焼きに手が伸びる。日本酒を片手に遠くの景色を見ながら寛ぐ。

 

稗原神酒所
潮見台から尻手黒川線を南下し、稗原の旧 道を抜け、迎え太鼓の音に引き込まれるよ うに稗原の神酒所に到着する。
稗原の神酒所では、各会員の家庭から持ち寄せ合ってくれた家庭料理をご馳走になる。うめぇー。

普段、口にできない味の染込んだ一品料理を楽しむことができた。お赤飯と御新香を頬張り、一時を和む。巡幸長の拍子木が鳴ってしまった。煮物に手をつけたが、もぅー出発だ。

 

鷲ヶ峰老人ホーム慰問
稗原小学校の前を通り、菅生三丁目の信号を左上に大きく曲がり、鷲ヶ峰老人ホームに向かう。この桜並木の上り坂もきつい坂だ。
老人ホームのお婆さんやお爺さん達は、毎年 我々が慰問するのを楽しみに待っていてくれる。

思わず会員達は、手拍子に合わせて、大きなな声で歌い、また宵宮の芝居も披露する。

 

稗原団地御酒所
再び、菅生三丁目から稗原団地へ坂を上がり、タコ公園に陣取った稗原団地の神酒所に立ち寄る。
タコ焼きの匂いと思いきや、焼き鳥と焼魚を焼く匂いが何とも香ばしい。焼き鳥をご馳走になって元気がついた。
        

 

荻野設備工業前
同志会初代会長の荻野三郎さん宅で歓迎される。もう毎年けんちん汁が楽しみで、たまらない。ついついおかわりをしてしまった。
おいしいけんちん汁に、食いしん坊は大満足。

 

 

菅生台御酒所
荻野さん宅から、難所の階段を上がり、午前最後の菅生台神酒所に寄るが、もう疲れていて声も出ない。いつも梨などの果物と何故か、やけに蒲鉾もうまい。もう少しで昼飯だ。昼寝ができる。
菅生台の皆さんと神輿を練り出す。

神輿は、いよいよ午前中最後の山場、蔵敷交差点に差し掛かる。
昼飯が腹一杯食えるよう何回も揉んだ。見物人や車の運転手も腹が減っているようだ。

 

蔵敷休憩所
蔵敷のメンバーが作ってくれた”かけそば”に生タマゴ入れて、腹一杯食べたが七味を入れ過ぎた。 ようやく用足しができ、すっきりした。ひとまず昼寝に入る。

 

 

ここでちょっと休憩

 

 

 

 神輿巡幸の主なコース上空写真

 


 

 

 

神輿巡幸の主なコース
午前
  長沢神酒所   潮見台バーベキュー
  稗原神酒所   稗原団地神酒所
  荻野設備工業前 菅生台神酒所
  蔵敷休憩所      
午後
  犬蔵神酒所   初山池田宅前
  初山幼稚園入口 初山神酒所
  山上輪業前   
 休憩終わり。

 さぁー、元気出して。。。行こぉー。 

 

犬蔵御酒所
午後一番、神輿は犬蔵へ向かう。犬蔵の神輿を先頭に、尻手黒川線、犬蔵街道を進む。
この街道は、交通が激しいため、交通整理に気を使う。
神輿の掛け声に負けずと、犬蔵の警固と同志会の警固が息を合わせ、警固の腕の見せ所でもある。

犬蔵街道からやっと広い犬蔵の神酒所に着いた。犬蔵の神輿と何回も揉む。
神酒所では、うまいおでんと日本酒をご馳走になった。

 

初山池田宅前
坂を下ると池田さん宅で、近所の皆さんが差し入れてくれた、刺身、焼そば、天婦羅がとてもうまく、いつも嬉しい。どれを取っても天下一品の味がする。
阿部豆腐屋の前を下りて、冨士屋の前に差し掛かると、いつも誰かが水を掛けて遊ぶ。

これも先代冨士屋の供養かとびしょ濡れになる。
神輿は、大寿司の角を曲がり、初山街道へ。街道途中には、甘い柿があり、ちょいと失敬をする。
うひょー。とにかく、ここは長い。ぁぁーしんど。ちょいと 失礼して用足。

 

初山幼稚園前
長い初山街道からバス通りを横切ると初山幼稚園前に着く。
ここで出されるゆで卵は、つい懐に2、3個隠し持ってしまう。茄子の御新香も新鮮でうまい。
神輿は生田緑地の一角にある飛森谷戸入り口の前を通り過ぎ、初山の神酒所に向かう。
このバス通りも交通が激しく警固を強化する。

 

初山神酒所
バス通り沿いにある初山の神酒所では、いつも寿司とおでんが楽しみ。焼酎の烏龍割りを片手にご馳走になる。 

 

山上輪業前
最後の休憩所となるのが山上輪業前。
ここでの楽しみは、ピザにワインといつも洒落たご馳走で癒してくれる。
神輿は宮入りに備えて、菅生太皷連や各地区の御輿との待ち合わせ場所へと向かう。

 

17:30   宮入り  
いよいよ宮入りの準備となりました。
いつも休憩所や神酒所の皆さんには、暖かく歓迎して頂き、本当に感謝しています。
ま。。。また、おいしいお結び食べたいな!
 菅生の祭にて   山下 清志の食いしん坊が行く

 作)HP管理者


先頭に戻る

 

 TOPメニュー